マツケン、今度は交通安全「奉行」 知事「陣頭指揮を」

[PR]

 今年度の「マツケン」は交通安全奉行だ――。愛知県豊橋市出身の俳優松平健さん(67)が、昨年度に続いて県の「高齢者交通安全広報大使」に任命された。裃(かみしも)姿の「奉行」となって、自転車用ヘルメット着用や運転免許返納制度の周知にひと役買う。

 9月14日からの「高齢者交通安全週間」に合わせた取り組み。今年度末まで、コンビニエンスストアの音声広告やラジオCM、ポスターなどに松平さんが登場する。

 27日には県公館で任命式があった。松平さんは免許返納について「自分は大丈夫と思っても、周りから見て不安という方もいると思う。自分で判断せず、相談してほしい」と呼びかけた。大村秀章知事は「松平さんには『奉行』として、陣頭指揮していただきたい」と話した。

 県警の26日現在のまとめによると、県内で今年、交通事故で亡くなったのは67人で、うち44人が65歳以上の高齢者だった。