井岡一翔が久々実戦 JBCのドーピング検査は大丈夫?

有料会員記事

塩谷耕吾、波戸健一
[PR]

 「同じことが二度と起きないでほしいと常々言ってきた。JBC(日本ボクシングコミッション)は、やるべきことはやっていただきたい」「僕自身はいつも通り、正々堂々と臨む」

 練習を27日に公開した世界ボクシング機構(WBO)スーパーフライ級王者、井岡一翔(かずと)(32)=志成=は、きっぱりと言った。9月1日、東京・大田区総合体育館で同級2位のフランシスコ・ロドリゲス(メキシコ)と防衛戦に臨む。8カ月前のドーピング検査を巡る騒動の後、初めてとなる試合だ。

 JBCの検査体制は、整備されたのか。

 事の顚末(てんまつ)を振り…

この記事は有料会員記事です。残り1546文字有料会員になると続きをお読みいただけます。