智弁和歌山、智弁学園を破りV 中盤の守りの差で明暗

山口史朗
[PR]

(29日、高校野球選手権大会決勝 智弁和歌山9-2智弁学園)

 試合の流れがどちらに転ぶか分からない中盤で守りの差が明暗を分けた。

 2点を追う六回、智弁学園は小畠一心に継投。だが、先頭の高い飛球を三塁手山下陽輔が落球し、無死二塁に。1死後の犠打にも失策が絡み、小畠がリズムに乗れない。ここから4イニング連続で追加点を奪われた。

 対して智弁和歌山は五回、先頭の難しい遊ゴロを大西拓磨がランニングスローでアウトに。先頭を出した六回も、三ゴロ併殺を奪ってピンチの芽を摘んだ。四回途中から救援の中西聖輝(まさき)は打者の狙いを巧みに外す投球術とフォークの精度が光った。山口史朗