看板閣僚VS「総理になれない」野党議員 うどん県対決

有料会員記事2021衆院選自民立憲

阪田隼人、湯川うらら、北見英城
写真・図版
フロントライン(あつあつな戦い)
[PR]

 次の衆院選で注目の激戦区が「うどん県」にある。香川1区は、菅政権の看板政策「デジタル庁」を担う閣僚と、映画「なぜ君は総理大臣になれないのか」の主役となった立憲民主党議員が激突。あつあつな戦いを繰り広げている。

菅政権の目玉「デジタル庁」、背負った平井氏

 うどんの生産と消費で全国一の香川県。県庁所在地の高松市は、商店街のアーケードの長さという「日本一」も持つ。その商店街で7月上旬の夕刻、一風変わった光景が広がった。

 「ご通行中の皆さん。皆さんの様子を見ながら、大臣室から街頭演説をさせていただいております」

 声の主は、自民党平井卓也デジタル改革相(63)だ。ただ、声はすれども本人はいない。

 商店街にモニターを置き、ネット中継で東京の大臣室とつないで、画面越しに通行人に手を振る。

写真・図版
商店街の通行人にオンラインで呼びかける平井卓也氏=2021年7月9日午後、高松市丸亀町、阪田隼人撮影

 「9月に発足するデジタル庁はどういった組織になるんですか」。双方向性で商店街から質問も受けた。

 「リモート街頭演説」と銘打った。デジタル改革相ならではの演出を自ら編み出した。

 大臣室の背景には、デジタル庁準備室が掲げたスローガンが映り込んでいる。

 「ガバメント・アズ・ア・スタートアップ(Government as a Startup)」

 頭文字を並べると、GaaS。菅義偉首相のネット上の愛称と同じ「ガースー」だ。

 「政府として(新たに事業を…

この記事は有料会員記事です。残り3667文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
2021衆院選

2021衆院選

ニュースや連載、候補者の政策への考え方など選挙情報を多角的にお伝えします。[記事一覧へ]