爆破テロで犠牲に、米兵13人の横顔 家族・友人ら語る

有料会員記事アフガニスタン情勢

ニューヨーク=藤原学思
写真・図版
  • 写真・図版
  • 写真・図版
  • 写真・図版
  • 写真・図版
  • 写真・図版
  • 写真・図版
  • 写真・図版
  • 写真・図版
  • 写真・図版
  • 写真・図版
  • 写真・図版
  • 写真・図版
  • 写真・図版
[PR]

 米国防総省は28日、アフガニスタンの爆破テロ事件で亡くなった米兵13人の身元を発表した。海兵隊や海軍、陸軍に所属する20~31歳の男女で、うち11人が20代前半。「米史上最長の戦争」が始まるきっかけとなった2001年の同時多発テロ時は、多くがまだ乳児だった。

一人ひとりの写真をクリックすると、氏名や年齢、家族らのコメントを読むことができます。

 「私はこの仕事が好き」

 海兵隊に所属するニコル・ジーさん(23)は20日、アフガニスタンの首都カブールからインスタグラムにそう投稿した。写真の中で、両手に抱えた小さな子をじっと見つめている。

 22日には、空港で人びとを機体へと誘導する様子をあげた。迷彩服に銃を構え、ぎこちなく笑っている。だが、これがジーさんの最後の投稿になった。

 3年以上同居し、「最も親しい友だち、永遠の姉妹」という同じ海兵隊の女性は「私たちの世代は上官から聞かされる戦争をいつも、すごく縁遠い話だと感じていた」とフェイスブックに記した。「戦争の話、その犠牲者、国旗で覆われたひつぎ。それらはもう、縁遠いものではない」

 同時多発テロでは2977人が犠牲になった。米国は「対テロ戦争」としてアフガニスタンイラクへの攻撃に踏み切り、米兵だけで約7千人が亡くなった。

夢見た海兵、結婚したばかり…5人は20歳

 バイデン大統領が20年来の…

この記事は有料会員記事です。残り901文字有料会員になると続きをお読みいただけます。