米モデルナ製ワクチンの異物混入、群馬でも見つかる

新型コロナウイルス

松田果穂
[PR]

 群馬県は29日、県営大規模接種会場で使用を予定していた米モデルナ社製ワクチンから異物が見つかったと発表した。厚生労働省が接種を見合わせたロット番号とも、28日に沖縄県で異物混入が見つかったロット番号とも異なるものだったという。

 県によると、29日午前、同県太田市の「東毛ワクチン接種センター」で、薬剤師ワクチンの小瓶から注射器に薬液を充塡(じゅうてん)する作業をしていたところ、瓶の中に浮かぶ黒っぽい点のような異物を見つけた。同センターでは一時接種の受け付けを中止したが、別のロット番号のワクチンを使用して接種を再開した。

 同センターでは27~29日に同じロット番号のワクチンを計4575人に接種した。ただ、異物が入っていないことは薬剤師や看護師が目視で確認しており、今のところ健康被害の相談はないという。(松田果穂)

新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]