やまゆり園関係者が見るパラ もっと必要な機会と仕組み

有料会員記事

聞き手・照屋健
[PR]

 東京パラリンピック聖火リレーの採火式を「津久井やまゆり園」(相模原市緑区)で行う計画が明らかになった4月、5年前の障害者殺傷事件で重傷を負った尾野一矢さん(48)の父、剛志さん(77)は「共生社会の意味をはき違えている」と反対した。

 尾野剛志さん パラリンピック自体は良いことだと思います。障害がある人たちもスポーツができる環境が増えることは純粋に応援したい。

 だけど、一矢や、園で暮らす利用者さんたちには重度の知的障害があります。「頑張る」という概念もわからない。同じ障害者でも、縁のない世界なんです。

 東京五輪・パラリンピックが…

この記事は有料会員記事です。残り1775文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【締め切り迫る!】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら