パラ観戦引率の教員らコロナ感染 千葉の中学、休校へ

新型コロナウイルス

藤谷和広、真田香菜子
[PR]

 千葉市教育委員会は29日、市立貝塚中学校の教員6人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。うち2人が、東京パラリンピックの学校連携観戦プログラムに引率として参加していた。貝塚中は9月3日まで休校するという。

 市教委によると、感染したのは30~50代の男女教員。最初に感染が確認されたのは50代の女性。23日に発熱し、24日に学校を休んで発熱の連絡をしたうえで、26日に陽性が確認された。貝塚中は、最初の教員が発症した2日後の25日に観戦プログラムに参加。6人のうち50代と40代男性教員2人は他の教員と1年生55人を引率して幕張メッセでゴールボールを観戦した。2人はその後の27、28日に発症した。

 教員も生徒もパラ観戦ではマスクをしており、「2メートル以内」「計15分以上」の接触者がいないため、市保健所は生徒を濃厚接触者に当たらないと判断。今のところ体調不良を訴える生徒はいないが、参加生徒のうち感染した教員と一緒にバスに乗っていた18人が今後PCR検査を受ける。教員6人相互の接触は調査中で、保健所は同中を今のところクラスター(感染者集団)認定していない。しかし、校内で発熱した教員がいると分かりながら観戦したことについて、市教委は対応基準の策定などを検討するという。

 また、20日には教職員会議、23~26日には感染した一部の教員が1~3年の一部の生徒約100人に対し、校内で面談した。感染対策をしていたが、保健所の指導で、参加した教職員30人と生徒約100人が、9月3日までにPCR検査を受けるという。

 市立小中は29日まで夏休みで、30日から授業を開始するが、貝塚中は9月3日まで休校にする。

 市教委はパラリンピックの学校連携観戦プログラムは「子どもたちの教育環境を考慮すると、引き続き実施する」として続ける方針。

 県教育庁は「緊急事態宣言中における教育活動の機会確保のためのPCR検査」のガイドラインを出しているが、市は観戦プログラム直前のPCR検査については「検査日程が確保できない」として、実施を見送っていた。今回の事例を受けて、検討しなおすという。(藤谷和広、真田香菜子)

新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]