硫酸事件の容疑者「学生時代にトラブル」 7月にも接触

有料会員記事

[PR]

 東京都港区東京メトロ白金高輪駅で会社員男性(22)が硫酸をかけられて大やけどを負った事件で、傷害容疑で逮捕された大学生花森弘卓容疑者(25)=静岡市葵区=が男性について、「学生時代にトラブルがあった」といった趣旨の供述をしていることが捜査関係者への取材でわかった。警視庁は30日午前、花森容疑者を送検した。

 捜査関係者によると、花森容疑者と男性は過去に琉球大(沖縄県)に通い、同じサークルに所属していた。学年は花森容疑者が一つ上だったという。

 花森容疑者は警視庁の調べに認否を留保したうえで、男性について「学生時代にトラブルが複数あった」などと供述しているという。一方、男性は「2~3年前に『おい、花森』とため口で呼びかけたら、『花森さんだろ』とたしなめられたことがあった」などと話しているという。事件との関連ははっきりしておらず、同庁は当時の状況を慎重に調べる。

 また、2人が今年7月下旬に…

この記事は有料会員記事です。残り313文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【10/25まで】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら