「コロナ対応の混乱、政官の連携に原因」福田康夫元首相

有料会員記事新型コロナウイルス

倉重奈苗
[PR]

 菅政権の新型コロナウイルス対応に国民の不満と不信が高まっている。ワクチンの供給不足など政府内の調整に混乱もみられる。有事の危機管理体制になっていないことが最大の原因だと、福田康夫元首相は言う。(倉重奈苗)

 新型コロナのワクチン接種では、自治体や職域へのワクチン供給量が不足し、予約を一時停止するなど混乱が続いた。菅義偉首相が観光支援のため打ち出した「Go To トラベル」は停止に追い込まれ、酒類提供の自粛要請では必要な調整もなく方針だけが先走った印象がぬぐえない。

 先進国であるはずの日本の行政がなぜこうも迷走するのか。森・小泉両政権で官房長官、その後首相を務め、官僚機構を熟知する福田さんの目にどう映っているか知りたくて、都内の事務所を訪ねた。

 「コロナを『国家の危機管理…

この記事は有料会員記事です。残り1816文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]