• アピタル

ワクチン交差接種、欧州では要人も 日本はどうする?

[PR]

 新型コロナウイルスのワクチン接種をめぐり、1回目と2回目で違うメーカーのものを使う「交差接種」について、政府が導入に向けた検討を始めた。ただ、必要性について政府内でも「温度差」があり、見通しは不透明だ。

アストラ製の活用、河野担当相が強調

 交差接種については、ワクチン接種を担当する河野太郎行政改革相が29日のフジテレビの報道番組で、「やってもいいのかどうか。できるかどうかを厚生労働省に見解を出してほしいとお願いしている」と語った。河野氏が強調したのは、英アストラゼネカ製のワクチンの有効利用だ。同社製を1回目で接種した場合に、2回目に米ファイザー製や米モデルナ製が使用できるかどうかを調べているとした。

 一方、加藤勝信官房長官は30日の記者会見で「有効性、安全性に関するデータは十分に得られていない。異なるワクチンの使用を積極的に推奨する状況にはないと認識している」と、慎重な姿勢を示した。そのうえで、「引き続き情報収集をしてしっかり検討していく必要がある」と、述べるにとどめた。

 交差接種の有効性や安全性を…

この記事は有料会員記事です。残り1091文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]