• アピタル

ファイザー製でもワクチンに異物、ゴムの破片か 沖縄

新型コロナウイルス

寺本大蔵
[PR]

 沖縄県八重瀬町の公民館で実施したファイザー製の新型コロナウイルスワクチンの集団接種で、1瓶から黒色で線状の異物(約3ミリ)が確認されたことが30日、同町への取材でわかった。この瓶のワクチンを接種した町民はいなかったが、同じロット番号のワクチンを計304人の町民が接種した。健康被害の報告はないという。

 町によると、29日午前、看護師が瓶に浮いている異物を発見。町内で同じロット番号を使用していた体育館の集団接種会場とともにすぐに接種を中断した。

 町は同日午後、国の指導を受け、別のロット番号のワクチンで接種を再開した。町によると、ファイザー社から「注射器の針を瓶のゴム栓に斜めに刺すなどし、削り取られた一部の破片が混入した可能性がある」との説明を受けたという。(寺本大蔵)

新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]