将棋の西山女流三冠 故郷の大阪狭山市の観光大使に

有料会員記事

佐藤圭司
[PR]

 将棋の西山朋佳女流三冠(26)が故郷の大阪府大阪狭山市から8月1日付で観光大使を委嘱され、その委嘱式が30日、大阪狭山市役所であった。日本最古のダム式ため池とされる狭山池が「好きな場所」と言い、市のマスコットキャラクター「さやりん」との対局も披露した。

 西山女流三冠は「生まれも育ちも大阪狭山市」。大学進学を機に、関東に活動拠点を移してはいるが、「節目には実家に帰って、ゆっくりさせてもらっています」。

 女流将棋界には八つのタイトルが出来ているが、西山女流三冠は女王、女流王座、女流王将を保持。新設されたばかりの「ヒューリック杯白玲戦・女流順位戦」でも第1期七番勝負に進出していて、第1局を9月11日に控えている。「観光大使になって最初の大舞台。良い結果をご報告したい」と意気込みを語った。

 市のマスコットキャラクター…

この記事は有料会員記事です。残り298文字有料会員になると続きをお読みいただけます。