千葉市長「保護者の不安、払拭は困難」 パラの観戦中止

有料会員記事新型コロナウイルス

高室杏子、重政紀元、真田香菜子
[PR]

 東京パラリンピックの学校連携観戦プログラムについて、千葉県千葉市は30日、31日以降すべて中止する、と発表した。千葉市の中学校教員2人が、観戦の引率後に新型コロナウイルス感染が判明したことなどを受け、急きょ決定した。

 県によると、31日~9月3日、千葉市幕張メッセで県立高校と千葉市の小学校など延べ117校計1万6560人が観戦予定だったが、いずれも中止となる。8月25~30日には、千葉、市川、我孫子、成田、神崎、多古6市町の延べ92校計3292人の児童生徒らが既に観戦している。

 千葉市の引率教員の感染をうけ、熊谷俊人知事と千葉市の神谷俊一市長は30日、協議。両氏とも、共生社会の意義を考えるきっかけになるなどとして学校観戦を推進する立場だったが、観戦前の事前のPCR検査など、さらなる感染防止策を講じるには教育現場の負担が大きい、と判断した。

 熊谷知事は30日、神谷市長との協議後、臨時会見。「学校観戦そのものの感染リスクは決して高くはないという考え方に県、千葉市ともに変わりはない」「感染リスクは、決して他の学校生活と比べて高いとは言えない」など、従来の考え方を改めて強調した。

 一方、中止の理由については、①保護者の不安を払拭(ふっしょく)するような、安全というより安心してもらう施策の実施が困難②保護者が直前まで悩む部分を多く作り出すことも避けるべき③事業に一定の意義を見いだせる参加者数が見込めない――などを挙げ、「多くの保護者が安心して子供を送り出せない以上、実施にこだわる必要はない」と話した。

 また、今回の中学校の教員6人の感染と、学校観戦の関係性は否定。「(引率の教員は)観戦前に感染をしていたと考えられる」とし、「今回は、発症日から考えてパラ観戦に関係ない形で、おそらく学校内のなんらかの形で感染が拡大した」との考えを述べた。

 千葉市も同日、中止を発表。神谷市長は「安全性に関する考えに変わりは無いが、保護者の不安を完全に払拭することは難しい状況」と述べ、無念さをにじませた。

 神谷市長は中止の理由につい…

この記事は有料会員記事です。残り487文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【締め切り迫る!】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら

新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]