大学通学認めるが…教室は男女別に タリバン方針示す

有料会員記事アフガニスタン情勢

バンコク=乗京真知
[PR]

 イスラム主義勢力タリバンが権力を掌握したアフガニスタンで、高等教育省の最高責任者に任命されたタリバンのアブドル・バキ・ハッカーニ幹部が29日、「女性は男性と同じ教室で学んではいけない」との考えを示した。多くの大学は男女を別々に教えられる設備がなく、女性の教育機会が奪われる可能性がある。

 タリバンは1996~2001年の旧政権時代、女性が教育を受けることを禁じ、国際的な批判を浴びた。20年ぶりに権力を握ったタリバンが、女性の学ぶ権利をどこまで認めるのかが注目されている。

 地元メディアによると、ハッカーニ幹部は同省幹部や大学関係者らとの会議で、大学の授業を近く再開させたいとした上で、「女性は教育を受ける権利があるが、男性と同じ教室で学ぶことはできない」と述べた。

 各地の大学はタリバンが政権を崩壊させた15日以降、閉鎖されている。公立大の教員の給料は支払われていない。

 同国ではタリバン政権が崩壊…

この記事は有料会員記事です。残り436文字有料会員になると続きをお読みいただけます。