防衛費の概算要求、5兆4797億円計上 研究開発費は過去最大

有料会員記事

松山尚幹、成沢解語
[PR]

 防衛省は31日、2022年度当初予算の概算要求を公表した。総額5兆4797億円で21年度当初予算比で2・6%増となる。前年度の概算要求(5兆4898億円)に次ぐ過去2番目の規模だが、金額が確定していない「事項要求」が多く、年末に迎える予算編成の段階ではさらに膨らみ、国内総生産(GDP)比1%に達する可能性もある。

 研究開発費は大幅に増えた。前年度比1141億円増の3257億円で、過去最大。F2戦闘機の後継となる次期戦闘機の開発をめぐり、機体やエンジンの設計などに1047億円を計上した。

 秋田、山口両県への配備を断念した陸上配備型迎撃ミサイルシステム「イージス・アショア」の代わりに導入する代替艦については、運用構想などを研究中のため設計・建造費は見送る。ただ、レーダーを海上でも使えるようにするための費用58億円を計上する。

 中国を念頭に南西方面の防衛力強化も図る。22年度末に沖縄県石垣島陸上自衛隊の「石垣駐屯地」(仮称)を開設し、約570人からなる警備部隊や地対艦ミサイル部隊などを置く。整備費は110億円。

 一方、米国と減額交渉中の…

この記事は有料会員記事です。残り298文字有料会員になると続きをお読みいただけます。