臨時国会の召集拒否「憲政の常道に反する」 野党から批判相次ぐ

有料会員記事

北見英城、吉川真布
[PR]

 政府・与党は31日、野党が求めた新型コロナウイルス対策の補正予算案を議論する臨時国会の召集を拒否する考えを伝えた。衆院選前に国会が開かれない可能性が強まっており、野党や識者からは「憲法違反」の批判が高まっている。

 「(国会が)もし開かれないまま総選挙に突入すれば憲法に違反して総選挙になる。憲政の常道に反する行為で、強く抗議したい」

 自民党森山裕国会対策委員長との会談後、記者団の取材に応じた立憲民主党安住淳国対委員長は政府・与党の方針を批判した。

 立憲など野党4党は7月16日、憲法53条に基づき、臨時国会の召集を求める要求書を衆院に提出した。同条には「内閣は、国会の臨時会の召集を決定することができる。いづれかの議院の総議員の四分の一以上の要求があれば、内閣は、その召集を決定しなければならない」とある。

 さらに、安住氏は8月26日、「コロナ対策の予備費を積み増す補正予算を通すため」という野党としては異例の提案で、臨時国会を9月7~16日に開くよう要求した。

 野党の提案が無視されたことに対し、立憲の枝野幸男代表はこの日の党会合で「明白な憲法違反」と指摘。菅義偉首相が臨時国会を先送りにしながら、コロナ対応を盛り込んだ追加の経済対策の策定を自民に指示したことについても、「今、国会も開かず、必要な財源も積まなければ、2カ月以上にわたって、絵に描いた餅の経済対策を書こうとしているのか。支離滅裂だ」と疑問をぶつけた。

 共産党志位和夫委員長も自身のツイッターで「身内の(自民党)総裁選だけをやった後に、総選挙を行うつもりか。あまりに身勝手だ」などと投稿した。

記事後半では、東京都立大法学部教授(憲法学)の木村草太さんに話を聞いています。

 自治体からは「政治休戦」し…

この記事は有料会員記事です。残り467文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【10/25まで】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら