高3遺棄容疑「3人で話し合いした」 失踪当日は夫婦宅に宿泊か

有料会員記事

[PR]

 東京都墨田区に住む高校3年の女子生徒(18)の遺体が山梨県内の倉庫で見つかった事件で、女子生徒が自宅を出た当日、死体遺棄容疑で逮捕された群馬県渋川市の夫婦宅に宿泊したとみられることが捜査関係者への取材でわかった。

 夫と女子生徒がSNSで交流することに妻が不満を募らせ、3人で話し合いをしたという。警視庁は妻が納得しなかったとみている。警視庁は1日午前、夫婦を東京地検に送検した。

 逮捕、送検されたのはいずれも職業不詳の小森章平(27)と妻和美(いずみ)(28)の両容疑者。2人は8月30日、山梨県早川町の山間部にある集落で、民家の倉庫に女子生徒の遺体を放置して遺棄した疑いがある。ともに容疑を認め、捜査関係者によると「倉庫で殺した」と供述しているという。女子生徒の背中には4カ所の刺し傷があったが、夫婦の車には血液が付いていないとみられる。警視庁は夫婦が女子生徒を倉庫で殺害し、放置したとみている。

 章平容疑者は女子生徒につい…

この記事は有料会員記事です。残り284文字有料会員になると続きをお読みいただけます。