河村市長の型破りキャラ「市が利用してきた」 名古屋市幹部の反省

有料会員記事

関謙次
[PR]

 河村たかし名古屋市長は特別秘書の新型コロナウイルス感染が判明し、自身のPCR検査結果が出るまで自宅待機中だ。ただ、それ以前から対外的行事への参加自粛を続けている。東京五輪女子ソフトボール選手の金メダルをかじり批判を浴びたことへの対応で、市長業務への完全復帰は見通せない。市幹部が復帰のタイミングをはかるが「我々も反省すべき点がある」と自省の声が上がっている。

 金メダルの問題後、河村氏は当初、8月中旬の東京パラリンピック聖火行事に「出たい」と主張したが、市幹部らが「無理です」「自粛して下さい」と説得した。その後、河村氏はハラスメントの講習を受け「すべて私が悪かった」と対外的行事の参加自粛を続ける。

 幹部の一人は「何を根拠に、いつ戻すべきか分からない」と話す。

 選挙で選ばれた首長の行動を、市当局が制限する異例の経過をたどるが、幹部のなかには「言動に違和感を感じることはあったが、河村さんが言えば市民に受けるのでマヒしていた」と話す人もいる。

 河村氏は2009年に市長に…

この記事は有料会員記事です。残り684文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【締め切り迫る!】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら