コンラッド、名古屋・栄に進出検討 市内初の外資系最高級ホテル

根本晃
[PR]

 米ホテル大手ヒルトングループの最高級ブランド「コンラッド」が、名古屋市中心部の栄地区で開業を検討していることが、複数の関係者の話でわかった。実現すれば、名古屋市内では初の外資系最高級ホテルとなる。

 進出を検討している場所は名古屋三越栄店の北側。名古屋市パルコが所有する土地で、三菱地所などが計画している地上40階建て程度の200メートルビルに入るとされる。ビルは2022年着工、26年の開業を予定。ホテルは最上部に入り、中層部にオフィス、低層部に高級感のある専門店などが入る計画だ。

 ヒルトングループの名古屋進出は1989年開業のヒルトン名古屋(名古屋市中区)以来、2軒目となる。コンラッドは26年に東京に開業する「ウォルドーフ・アストリア」と今月に京都でオープンする「LXR」ブランドと並ぶ同グループの最高級ブランド。国内では東京、大阪に次いで3軒目となる。(根本晃)