眞子さまと小室さん、年内結婚にこだわり 二つのハードルと残る懸念

有料会員記事眞子さま

杉浦達朗

 秋篠宮家の長女眞子さま(29)と小室圭さん(29)の婚約内定から今年で4年。小室さんの母・佳代さんと元婚約者の金銭トラブルを発端に、結婚をめぐり賛否の声が依然として渦巻いているが、関係者によると、お二人は年内に結婚したい意向だという。その背景には、結婚の障害になっていた二つの「ハードル」が解消されたとの判断があるとみられる。

 眞子さまと小室さんの結婚延期が発表されたのは2018年2月。お二人は「お気持ち」を公表し、「十分な時間をとって必要な準備を行うのが適切」と明かした。

 懸案となったのが佳代さんと元婚約者の金銭トラブルだった。週刊誌で相次いで報道される中、秋篠宮ご夫妻は国民から広く祝福されなければ、正式な婚約ができる状態ではないと判断。お二人に「相応の対応」を求めた。

 これに対し、小室さんは今年4月、弁護士を通じ、28枚にわたる説明文書を公表し、元婚約者に「解決金」を渡すことも明らかにした。だが元婚約者側の関係者によると、実際には進展はないままだが、小室さん側や宮内庁は一定の理解が得られたという認識を示していた。

 もう一つの懸案だった生活基…

この記事は有料会員記事です。残り576文字有料会員になると続きをお読みいただけます。