• アピタル

ワクチン入った注射器に異物混入 関西学院大で確認 接種中止

新型コロナウイルス

松永和彦
[PR]

 関西学院大学は1日、学生や教職員を対象とした新型コロナウイルスワクチンの接種会場で、ワクチンが入った注射器の中から1ミリほどの黒い異物が見つかったと発表した。ワクチンは米モデルナ社製。厚生労働省が異物混入の可能性があると発表したロットとは異なる番号だったという。

 同大学によると、兵庫県西宮市にある西宮上ケ原キャンパスで、看護師らがワクチンを注射器に充塡(じゅうてん)した後に見つかった。この日の接種は中止した。

 8月23日にワクチン接種を始めて以降、約6300人に接種した。4、5日には18歳以上の西宮市民にも接種する予定だが、今後は厚労省からの指示に従うという。(松永和彦)

新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]