中国アイドルの「推し」競争、ルール変更 過熱しすぎて中傷合戦も

有料会員記事

瀋陽=平井良和
[PR]

 「推し」をめぐるアイドルファンのネット上の言動が過熱していることを受けて、中国のインターネット管理当局は8月27日、原因の一つとされているアプリ上の俳優やアイドルの名前によるランキング機能を禁止する方針を打ち出した。曲名や映画名のランキングは認めるが、順位の決定は「作品の方向性」などを重視するとしている。

 中国では、中国版ツイッター微博(ウェイボー)」など多くのアプリ上でアイドルや歌手らの人気を競うランキング機能が流行。ファンがアイドルの名前を使ってアカウントを登録し、そのアカウントへの訪問者数などを競う仕組みが多く、金銭で雇ったサクラで数を増やしたり、競争関係にあるライバルを中傷したりする過激なファンの言動が社会問題化していた。

 国家インターネット情報弁公室は、6月から2カ月間にわたって「ファン界さわやかキャンペーン」と称して問題があるアカウントを停止するなど取り締まりを強化。8月27日になって「さらに踏み込んで管理する」とし、新たな通知を出した。

 通知では、ファンのネット上…

この記事は有料会員記事です。残り299文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【10/25まで】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら