レッカー移動中の車からカバン盗難か 追尾のパトカー離れたすきに

[PR]

 1日未明、大阪府岸和田市内で府警が見つけた盗難車をレッカー移動中、車内にあったカバンとみられるものがなくなる事案があった。府警は何者かが持ち去ったとして窃盗容疑で捜査している。

 岸和田署によると、8月31日午後11時半ごろ、岸和田市磯上町の路上で、巡回中の署員がエンジンがかかったままの不審車両を見つけた。近くにいた男性に署員が事情を聴こうとしたところ、男性は逃走したという。

 車両は8月下旬に府内で盗まれたものと判明。署に運ぶことにした。9月1日午前2時ごろに運び始め、約10分後に署に到着した際、車を運んだレッカー業者が「運ぶ途中に男が近づいてきて車から何かを持っていった」と報告。調べると、当初、後部座席にあったカバンのようなものがなくなっていた。レッカー車にはパトカーが追尾していたが、途中で離れてしまったという。