• アピタル

WHO、独にパンデミック対策の新拠点 情報集めて解析

有料会員記事新型コロナウイルス

ベルリン=野島淳
[PR]

 世界保健機関(WHO)は1日、新たな感染症のパンデミック(世界的大流行)に備える拠点をベルリンに設けた。人工知能などを駆使し、感染症の発生や拡大状況といった情報を世界各地から集めて解析。各国に対処法をすばやく提供することをめざす。

 新型コロナウイルスをめぐっては、初期対応の遅れが指摘された。同日、記者会見したWHOのテドロス事務局長は「ウイルスの動きは速いが、データの動きはもっと速い。適切な情報があれば、新たなリスクに先手を打ち、命を救うことができる」と意義を語った。

 拠点が機能するには、各国が…

この記事は有料会員記事です。残り400文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]