遺棄容疑の夫「1カ月前、女子生徒に会った」 倉庫の南京錠も購入か

[PR]

 東京都墨田区に住む高校3年の女子生徒(18)の遺体が山梨県で見つかった事件で、死体遺棄容疑で逮捕された群馬県渋川市の夫婦の夫が、生徒について「約2年前にSNSで知り合った。事件の1カ月前に実際に会った」と供述していることが捜査関係者への取材でわかった。妻が交流に不満を持っていたとも説明しており、警視庁が事件との関連を調べている。

 逮捕されたのは、いずれも職業不詳の小森章平(27)と妻和美(28)の両容疑者。2人は共謀して8月30日、山梨県早川町の民家の倉庫に生徒の遺体を放置して遺棄した疑いがある。容疑を認めているという。

 捜査関係者によると、章平容疑者は生徒との関係について「SNSでやり取りしていた。妻から嫉妬された」と説明。「7月に実家のある三重県から群馬県に向かった際に東京に寄り、生徒と会った」などと供述しているという。

 一方、和美容疑者は「2人に交流をやめてほしかった」「自分も生徒とSNSでやり取りしたことはあったが、3人で話し合うために8月28日に都内に生徒を迎えに行った」といった趣旨の話をしているという。

 和美容疑者は生徒と合流した後、章平容疑者と生徒にSNSのアカウントを削除するよう求めたといい、警視庁は、和美容疑者の2人への不満が事件の背景にあるとみている。

 また、夫婦が「生徒を倉庫で殺害した後、山梨県内の100円ショップで南京錠を買った」と供述していることも、捜査関係者への取材でわかった。2人の供述に基づいて警察が遺体を発見した際、倉庫は南京錠で施錠されていた。警視庁は発覚を免れるために購入したとみて調べている。