米AWS、日本国内の接続に不具合 ネット証券のシステムに影響も

中島嘉克、細見るい
[PR]

 米アマゾン傘下で、企業向けのクラウドサービスを提供するアマゾン・ウェブ・サービス(AWS)は2日、同日午前7時半ごろから、日本国内のネットワーク接続に不具合が起きていると明らかにした。コアネットワークの装置に複数の問題が生じているとして、「完全な復旧のめどに関する情報はない」としている。

 AWSは企業向けクラウドサービス世界最大手で、国内でも幅広い企業が利用しており、影響が広がっている。

 SBI証券では同日午前8時10分ごろ、システム部門がスマートフォンからのサイトへのログインがしづらくなっていることに気づいた。パソコンからは問題なくログインできるが、株価検索やポートフォリオなど一部の画面が通常の経路では開けなくなっているという。SBI証券の広報担当者は「パソコンにダウンロードしたアプリやトレーディングツールには問題が生じていないので致命的な被害には至っていないが、AWSには復旧作業を急いでほしい」としている。(中島嘉克、細見るい)