煩悩って消せる? 宮沢賢治を目指す僧侶、稲田ズイキさんに聞く

有料会員記事KANSAI

聞き手・田部愛
[PR]

 髪形はモテ路線を意識するし、煩悩もある。僧侶だけど――。そんな稲田ズイキさん(29)は、全国の若手僧侶でつくるフリーペーパー「フリースタイルな僧侶たち」(フリスタ)の3代目編集長だ。稲田さんに聞きたかった。次世代の僧侶はいま、どんなことを考えていますか。

 ――若い世代として、僧侶になるのはどんな気持ちでしたか。

 「もともと『お坊さんになるのは嫌だな』と思っていました。住職である祖父や父がお経を唱える姿から、不気味で怖いイメージがありましたし、丸坊主にしないといけないとも思っていました。心の支えだったアニメの脚本家になりたいという夢もありました。修行を終えた後、『このまま住職になって田舎でずっと暮らしていくのか』と喪失感に襲われました」

 「そんな時、『こんなのがあるぞ』と父が渡してくれたのが、フリスタでした。当時の特集テーマは『アナログレコードとお葬式』。クリエーティブのかけらもない職業だと思っていたので、『僧侶がおもしろいことをしてもいいんだ』と気づかされました」

 ――稲田さんが昨年、編集長についたフリスタは創刊13年目。昨年12月に発行された最新号の特集テーマは「本気で地獄」です。これまでとは違って僧侶はほとんど登場せず、イラストレーターのみうらじゅんさんへのインタビューや、読者から集めた「地獄」のようなエピソードが盛りだくさんで、普遍性を感じました。新しい編集長として、どんなことを意識していますか。

稲田さんは様々な媒体で発信を続けています。記事後半では、仏教の考え方や煩悩についても伺います

 「新しいフリスタは、仏教を…

この記事は有料会員記事です。残り1295文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
#KANSAI

#KANSAI

近畿の魅力を再発見する新企画。社会・経済から文化・スポーツまで、地元愛あふれるコンテンツをお届けします。[記事一覧へ]