西武・栗山が2千安打達成、プロ54人目 西武の生え抜きでは史上初

[PR]

 プロ野球西武ライオンズ栗山巧(たくみ)外野手(38)が4日、楽天生命パーク宮城であった楽天イーグルス戦の九回に左前安打を放ち、通算2千安打を達成した。プロ54人目。プロ20年目で、西武の生え抜き選手では史上初の大台到達となった。

 栗山は兵庫・育英高から2001年のドラフト4巡目指名を受けて入団。3年目の04年9月24日、この年のチームの最終戦となる近鉄バファローズ戦(大阪ドーム)で、1軍初出場し、プロ初安打となる右前安打を放った。

  • commentatorHeader
    稲崎航一
    (朝日新聞編集委員=スポーツ、野球)
    2021年9月4日18時31分 投稿

    【視点】栗山選手は2000安打達成で、「名球会」入りの資格を満たしました。   日本プロ野球名球会は、以下の入会規定を満たした昭和生まれ以降の日本プロ野球の選手、または元選手によって構成されています。 ①投手として通算200勝利以上、または通