「ししのふん」はまさかの大発見 60年経っても続く自由研究

有料会員記事

大坪実佳子
[PR]

 東京都在住の亀田良成(よししげ)さん(73)がマリモと出合ったのは1956年、小学3年の時だった。

 友達の家族と、東京から富士山麓(さんろく)の山中湖に旅行した。お目当ては昆虫採集だったが、滞在先で対岸に小さいマリモが打ち上げられていると聞き、行ってみることにした。

 地元では「ししのふん」と呼ばれているという。

 「さえない名前だな」と最初は思った。

 ボートで対岸に着くと、小さな馬のふんのような、茶色っぽい楕円(だえん)形のマリモを浜で見つけた。意外と硬く、湖水で洗うときれいな緑色になった。

 「これは面白い」。ビンに入れて持って帰ることにした。

 2年後、自宅の梅酒の空き瓶で育てていたマリモを夏休みの研究テーマに決めた。

 水槽に移し替えてじっと眺めていると、日によって浮いたり沈んだり。なぜか増えていることもあった。日々変化して見飽きず、夢中になった。

 本なども参考にしながら、地元の人から聞いた話や成長の様子を自由研究にまとめた。

 研究が終わると、水槽を庭に置き、景色の一部として楽しんだ。水が濁ったら替えたり、時々ごみや落ち葉を取り除いたりはしたが、それほど管理に手はかからなかった。

 大学を卒業し、就職。結婚して実家を離れた後は、母が世話を続けた。

 7粒ほどだったマリモは、数十年かけて三つの水槽の底を埋め尽くすほど増えた。

それから半世紀 仰天したできごと

 転機は、自由研究から50年以上経った2011年春。老人ホームで暮らすようになった母を元気づけようと、ホームにマリモを持っていこうとした時のことだった。

 インターネットで検索してみ…

この記事は有料会員記事です。残り1324文字有料会員になると続きをお読みいただけます。