菅首相、総裁選の立候補を二階氏に伝達 党役員人事も協議か

自民自民党総裁選2021

[PR]

 菅義偉首相は2日午後、自民党本部で二階俊博幹事長と会談し、党総裁選に立候補する意向を伝えた。3日に党総務会で一任を取り付ける予定にしている党役員人事についても協議した模様だ。

 党幹部によると、会談は菅首相が求め、約10分間行われた。首相が総裁選に立候補する考えを示し、二階氏も支援する考えを伝えたという。首相は二階氏を含む党4役すべてを交代させる方向で調整しており、今後の段取りなどを説明したとみられる。

 17日告示、29日投開票の自民党総裁選には、岸田文雄政調会長が立候補を表明しているほか、高市早苗総務相も立候補に意欲を示している。