「控訴しないで」遺族の松永さん訴え 裁判長の言葉に涙 池袋暴走

有料会員記事

大山稜
[PR]

 「控訴してほしくない」――。東京・池袋で車の暴走事故を起こした旧通産省工業技術院元院長・飯塚幸三被告(90)に東京地裁が禁錮5年の実刑判決を言い渡した2日、妻子を亡くした松永拓也さん(35)らが会見し、心境を語った。

 事故は2019年4月に起こり、横断歩道を自転車で渡っていた松永さんの妻・真菜さん(当時31)と長女莉子ちゃん(同3)が亡くなるなどした。裁判で飯塚被告は車両の異常を訴えて無罪を主張したが、判決は「ブレーキと間違えてアクセルを踏み続けた」と認定した。

 「この判決で命が戻ってきたらどれだけいいかと思い、むなしくなった。ただ、むなしさと同時に生きていく力になるはず。苦しかったが、裁判に参加してよかった」。拓也さんは判決後の会見でそう語った。一方で、「事故当時の大きな波から比べたら穏やかにはなっているが、この悲しみは一生続くだろうと思う」とも話した。

 飯塚被告が判決を不服として控訴する可能性については、無罪主張と同じく被告の権利なので尊重すべきだとしつつ、「私の思いとしては控訴してほしくない。客観的に下された判決を真摯(しんし)に受け止めてほしい」と求めた。

 この日の公判では、裁判長が判決文を読み上げた後、飯塚被告に「判決に納得できるのなら、自らの過失を認めて真摯に謝っていただきたい」と声をかけた。拓也さんはその言葉を聞いて涙が流れたといい、「裁判官の言葉は遺族の悲痛に寄り添ったものだった」と振り返った。

「心からの謝罪をする最後のチャンス」

 禁錮7年の求刑に対して禁錮…

この記事は有料会員記事です。残り287文字有料会員になると続きをお読みいただけます。