「密」フェス参加者、愛知の無料PCRに初日500人超申し込み

有料会員記事

岡本智、小原智恵
[PR]

 中部空港島(愛知県常滑市)での新型コロナウイルス対策が不十分だった野外音楽フェスティバルの参加者に、愛知県名古屋市が無料でPCR検査をすると表明してから1日で計500セット超の検査キット申し込みがあったという。

 検査を希望する参加者にキットを送って検査を受けてもらう。

 県は1日夕に表明し、受け付けを始めたが、2日夕時点で県内222人、県外13人の申し込みがあった。用意した100セットでは足りず、急きょ追加発注を決めた。県には235セット、市には約300セットの申し込みがあったという。

 このフェスは緊急事態宣言下の8月29日、県国際展示場多目的広場で最大8千人規模で開かれた。観客が密集状態になり、酒も販売したことが判明している。

 また、コンサートプロモータ…

この記事は有料会員記事です。残り115文字有料会員になると続きをお読みいただけます。