北朝鮮に軍事パレードの兆候 平壌近郊の飛行場に兵士1万人集結か

ソウル=鈴木拓也
[PR]

 米国の北朝鮮分析サイト「38ノース」は1日、北朝鮮の平壌郊外にある美林(ミリム)飛行場を撮影した最近の衛星写真ツイッターに掲載し、軍隊とみられる隊列が集結している様子を伝えた。米韓関係筋によると、米韓の情報当局は、同飛行場に最近、1万人ほどの兵力や輸送車両が集結したと分析。大規模な軍事パレードに向けた準備の可能性があるとみて、動向を注視している。

 北朝鮮朝鮮労働党創建75周年を迎えた昨年10月10日に、平壌の金日成(キムイルソン)広場で軍事パレードを実施した。事前に同飛行場で演習する様子が確認されていた。このため、米韓両政府は今年も10月の党創建記念日や、9月9日の建国記念日などに合わせて軍事パレードを実施する可能性があるとみて監視を続けている。(ソウル=鈴木拓也)