また笑顔であいさつを…再建へ歩み 熱海土石流2カ月 1人行方不明

会員記事

和田翔太 村野英一 植松敬
[PR]

 熱海市伊豆山で大規模な土石流が発生して3日で2カ月となる。いまも避難所での生活を余儀なくされている人たちもいる。1人の行方不明者の捜索も続く。そんな中、復興に向けた動きも始まっている。

 あれから2カ月。伊豆山地区で夫とクリーニング店を営む岡本尚子さん(68)は、再開に向けて歩み始めている。

 あの日、店内には大量の土砂が流れ込んだ。当時、店にいた尚子さんも腰まで土砂に覆われた。「シャッターを閉めようとしたら急に土砂が来て。これはもうダメだと思って、四つんばいで必死に逃げました」

 幸い夫婦は無事だったが、店にあった洗濯機、ボイラー、乾燥機、プレス機などクリーニング機器はすべて土砂に埋まった。壁や床も泥まみれになり、店は休業せざるを得なかった。

 被災後、夜になると不安に襲われた。「これからどうしようか。いつ再開できるのか」。後ろ向きな考えばかり浮かんだが、店をやめようとは思わなかった。

 伊豆山地区にクリーニング店は1軒のみ。地域の人にとってなくてはならない存在だ。「待っているよ」「頑張ってね」「少しずつでもいいから、いい方向に頑張って行こう」。被災後、たくさんのひとから励ましの言葉をもらった。

 「命があって、再建に向けて…

この記事は会員記事です。残り1526文字無料会員になると月5本までお読みいただけます。