国民・玉木氏、衆院選後の自民との連立「考えていない」

国民

鬼原民幸
[PR]

 国民民主党玉木雄一郎代表は2日の記者会見で、次期衆院選後に自民党と連立政権を組む可能性を問われ、「今の政権のおかしなところを厳しく指摘し、対案を示しながら選挙を戦っていきたいので、連立については考えていない」と否定した。

 国民民主は憲法改正論議に前向きで、立憲民主党などが反対する政府提出の重要法案にも賛成することがあった。玉木氏は7月のBS番組では、自民との連立について「(衆院選の)先は誰にもわからない」と含みを持たせていたが、この日の記者会見では「我々は野党」と立場を明確にした。

 また、自民の岸田文雄政調会長が総裁選向けに打ち出した政策に、国民民主が主張する事業者支援策などと同じ内容が盛り込まれたことについて、「方向性は一致している」と評価した。ただ、「(岸田氏は)前政調会長だ。なぜ今までやれなかったのか」と疑問を投げかけた。鬼原民幸