自民・岸田氏、森友問題「さらなる説明を」 TBSのBS番組で

[PR]

 自民党総裁選に立候補を表明している岸田文雄政調会長は2日、TBSのBS番組で、学校法人「森友学園」への国有地売却をめぐる公文書改ざん問題について、「調査が十分かどうかは、国民が判断する話だ。国民が足りないと言っているので、さらなる説明をしなければならない課題だ」と述べた。

 岸田氏は番組で、改ざん問題に「国民が納得するまで説明を続ける。これは政府の姿勢としては大事だ」とし、菅義偉首相が否定している再調査については、「国民が納得するまで努力をすることは大事だ」と語った。安倍晋三前首相側からの前夜祭への費用補塡(ほてん)が明らかになった「桜を見る会」の問題については、「検察で今取り扱われているので、その判断をしっかり待つ」と述べるにとどめた。

 一方、菅首相が自民党総裁選の前に、党役員人事に踏み切ろうとしていることについて、岸田氏は「どうしてやるんだろうなとは思った。(首相は)なんで人事をやるのか説明されるでしょうから、注目したい」と語った。さらに、岸田氏が総裁選で勝った場合に首相の人事を「白紙」にするか問われ、「自分が総裁になったならば、自分の思うしっかりとした人事を行う」と述べ、新総裁になれば再度人事を行う考えを示した。首相が経済対策を指示した二階俊博幹事長を交代させることについては、「あの経済対策はどこに行っちゃったのかなと思う」と指摘した。笹井継夫