生後3カ月長男を死なせた疑い、母逮捕 「泣きやまず拳で殴った」

堅島敢太郎、湯川うらら
[PR]

 生後3カ月の長男に暴行を加えて死亡させたとして、香川県警は2日、高松市勅使町の無職津守綾美容疑者(23)を傷害致死容疑で逮捕し、発表した。「泣きやまない子どもの頭を拳で殴った」と容疑を認めているという。

 高松南署によると、津守容疑者は7月下旬から9月2日までの間、自宅で長男の湊ちゃん(生後3カ月)の頭を拳で複数回殴るなどして頭蓋骨(ずがいこつ)骨折や肋骨(ろっこつ)骨折、脳内出血などのけがを負わせ、死亡させた疑いがある。死因は不明。

 2日午前8時ごろ、津守容疑者からの119番通報を受けて自宅に駆けつけた救急隊員が、意識不明の状態でベビーかごに横たわる湊ちゃんを発見。病院に運ばれたが約1時間後に死亡が確認された。

 津守容疑者は、夫(25)と長女(1)、湊ちゃんの4人暮らし。通報時、夫は仕事で出かけており、自宅には3人がいた。長女にけがはなかった。津守容疑者は「7月下旬ごろから暴力をふるうようになった」と話しているという。(堅島敢太郎、湯川うらら)