アフガン派遣の自衛隊輸送機、日本に到着 撤収命令受け

[PR]

 政府がアフガニスタンに残る日本人らを退避させるために派遣した航空自衛隊のC2輸送機が2日午後、待機していたパキスタンを離れ、3日午前、入間基地(埼玉県)に到着した。C130輸送機2機も順次帰国する。岸信夫防衛相が8月31日、撤収命令を出していた。

 C2輸送機は同月23日、入間基地を出発し、24日にパキスタンに到着。当初は隊員や物資の輸送で使う想定だったが、日本人らの輸送に使うことになり、25日、アフガニスタンに入った。だが退避希望者が空港に着いておらず、26日にパキスタンに戻っていた。

 一方、C130輸送機2機は24日に入間基地を出発し、25日にパキスタンに到着。26、27の両日、アフガニスタンとの間を計4往復し、26日にアフガニスタン人14人、27日に日本人1人の計15人をパキスタンに輸送した。