菅首相「コロナ対策と選挙活動、両立できない」 総裁選不出馬を語る

[PR]

 菅義偉首相自民党総裁)は3日、首相官邸で記者団の取材に応じ、党総裁選(17日告示、29日投開票)について「先ほど開かれた党の役員会で、私自身、新型コロナ対策に専任をしたい。そういう思いの中で総裁選には出馬をしないと申し上げた」と述べた。

 首相は「総理大臣になってから1年間、コロナ対策を中心とする国が抱える問題に全力で取り組んできた」とした上で、総裁選について「17日から始まることになっているが、出馬を予定する中で、コロナ対策と選挙活動を考えた時に実際莫大(ばくだい)なエネルギーが必要だった。両立はできない。どちらかを選択すべきである」と述べ、コロナの感染防止対策に努める考えを示した。来週にでも記者会見をすることも明らかにした。

 一方、首相は記者団からの追加の質問には応じず、一方的に取材を打ち切った。

 首相はこの日午前に開かれた…

この記事は有料会員記事です。残り108文字有料会員になると続きをお読みいただけます。