地球最強・クマムシも登場 生き物形クッキーに「かわいい」微生物

会員記事

皆木香渚子
[PR]

 地球上の生き物の魅力をクッキーで伝えたい――。三重県桑名市クッキー専門店「kurimaro collection」を営む栗田こずえさん(37)の思いだ。犬や猫など親しみやすい動物から昆虫まで、これまでクッキーで表現してきた生き物は400種類近い。新たに「微生物シリーズ」を手がけた。

 汚水にすみ、水素を作り出す「ロドシュードモナス」は、楕円(だえん)形の微生物。放射状に集まる性質があることから、集合体が6方向に伸びる姿で表現した。

 微生物の形のクッキーを作るにあたり、専門家にも協力してもらった。下水の微生物や水処理を研究する金沢大の本多了准教授。水質浄化やごみの分解に役立つ微生物を「ヒーロー」と呼ぶ本多准教授から、微生物の選定や形状、色についてのアドバイスを受けた。テレビ番組の「戦隊もの」をイメージして5色1セットの「微生物ヒーローシリーズ」を完成させた。

 栗田さんの「推し微生物」を集めたシリーズもある。ミジンコ、プラナリア、アメーバ……。「見たことあるような懐かしい気持ちになれる」ラインアップなのだという。

 放射線や高温、低温に耐え、真空状態でも生き続けることから「地球最強の生物」と呼ばれるクマムシもクッキーにした。圧倒的な生存能力を持つ一方で「見た目がかわいい」ところも気に入っている。クマムシの画像を見ているうちに、筒状の口が「赤ちゃんのおしゃぶりに見えていた」。クッキーにはつぶらな目とドーナツ形の口をつけた。

ここから続き

 特徴的な形状の生物を表現す…

この記事は会員記事です。残り539文字無料会員になると月5本までお読みいただけます。