「不倫相手との交際費に」巡査部長ら不正受給の疑い

新型コロナウイルス

[PR]

 国の持続化給付金を妻に申請させて100万円を不正に受け取ったとして、警視庁は3日、立川署交通課の巡査部長の男(59)ら4人を詐欺容疑で書類送検し発表した。同庁は、巡査部長を3日付で懲戒免職にした。同庁によると、警察官による持続化給付金の不正受給が発覚したのは初めてとみられるという。

 人事1課の説明では、巡査部長は容疑を認め、「不倫相手との交際費の足しにしたかった。ばれないだろうと思った」などと話しているという。ほかに書類送検されたのは、60代の妻と、巡査部長の交際相手で50代の女、女の知人で80代の男の3人。

 4人の容疑は2020年11~12月、実際は配送関係のアルバイトをしていた巡査部長の妻の職業を「家政婦」と偽り、コロナ禍で収入が激減したとして持続化給付金を申請。給付金100万を詐取したというもの。巡査部長は50万円を妻に渡し、残り50万円を交際相手への小遣いやプレゼントの購入に充てたという。100万円は発覚後に返還したという。

 今年3月、昨年の妻の収入が例年より増えていることを不審に思った署が調査を始めた。巡査部長は当初、「妻が勝手にやった」と説明したが、その後「不倫相手に『奥さんも100万円ぐらいもらえるんじゃないか』と言われ、自分が主体でやった」と認めたという。

 人事1課は「都民の信用を失墜させる行為で誠に遺憾。厳正な規律保持を改めて徹底したい」としている。

新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]