「菅首相、自らの敗北宣言に等しい」 社会情報大学院大学の白井教授

有料会員記事自民党総裁選2021自民

聞き手・土居新平
[PR]

 「新型コロナ対策に専任をしたい」。菅義偉首相はこう述べ、自民党の総裁選に立候補しない考えを示した。新型コロナウイルスの収束が見通せない中での退陣表明。どうとらえればいいのか、企業の危機管理に詳しい社会情報大学院大学の白井邦芳教授(リスクマネジメント)に聞くと、菅首相の「自信のなさ」と「言葉の弱さ」が現れているという。

 緊急事態宣言中に、コロナ対策に専念したいのでやめます、というのは全く意味が通らない。理由にもなっていない。民間企業でも国のトップとしてもあり得ない発言で驚いた。

 コロナ下において首相に就任したときから、総裁選があることも衆院選があることも分かっていた。通常の5倍も10倍も大変なときに首相になるという覚悟がどこまであったのだろうか。リーダーシップを発揮せず、かじ取りを自ら放棄してしまうのは責任逃れとしか言えない。

 菅首相自身が自分のコロナ対…

この記事は有料会員記事です。残り503文字有料会員になると続きをお読みいただけます。