衝撃の完敗 代表選考、Jリーグ勢の力を信じては(中西哲生コラム)

有料会員記事

[PR]

 サッカーW杯最終予選の初戦オマーン戦は、衝撃的な完敗でした。効果的なチャンスをあまり作れず、内容的にも上回られた。試合後に吉田麻也選手も話していましたが、負けるべくして負けたといえます。

 この敗北からみえた三つの問題点を、一つずつ検証していきましょう。

 まず、相手のシステムは2次予選の中でも採用していた形だったはずです。そのシステムに対して、ある程度の策は練っていたと思いますが、それは機能しませんでした。オマーンは4―4―2で、中盤がダイヤモンド型。真ん中を締め、戦術的に相手を外に追い出す形です。

 日本からすればサイドは空くのですが、その外から効果的な攻撃ができませんでした。またクロスボールを入れても、中に飛び込む選手の枚数も少ないことが多く、精度の部分でも課題は残りました。相手はゴール前に待つ大迫勇也選手の動きを徹底的に研究してきたでしょうし、クロスボールを入れた時にある程度の人数がいなければ、またクロスボールの精度が高くなければ、決定的なチャンスは作れません。

 実は、0―0からPK戦で何とか勝ち上がった東京オリンピック(五輪)準々決勝のニュージーランド戦も、相手はそれに近いシステムでした。日本はその時にも今回のような問題が生じていましたが、課題は修正されていませんでした。しかもオマーンのシステムがある程度、予想はついていたにもかかわらず、五輪代表とフル代表の違いはあったとしても、ニュージーランド戦の二の舞いを演じてしまったのです。

 二つ目は、これにも関連しますが、相手の分析に基づいた戦術的な落とし込みが、うまく選手たちにできていない点です。

 逆にオマーンはそれが、かな…

この記事は有料会員記事です。残り1319文字有料会員になると続きをお読みいただけます。