理念先行のリーグに危惧  「逆風」下の開幕、今あるリソース活用を

有料会員記事

INAC神戸社長・WEリーグ理事、構成・金子智彦
[PR]

 WEリーグは「逆風」の中での開幕になりそうです。INAC神戸は9月12日、ノエビアスタジアム神戸に大宮アルディージャVENTUSを迎えます。記念Tシャツの配布などを企画していますが、兵庫県緊急事態宣言が発出され、観客上限は5千人に。1万人の集客目標がかなわなくなり、残念です。

 また、東京オリンピック(五輪)でなでしこジャパンは8強止まりでした。WEは、代表と並走していく形でないと成功はあり得ません。「メダル獲得の追い風を受けたい」と望んでいただけに残念な結果となりました。しかし、だからこそリーグ自体の力が問われる局面です。

 集客のために必要なことは多々あれど、一番大事なのは競技力の向上です。新規参入の大宮、サンフレッチェ広島レジーナなど皆さん大変努力されていて、プレーでプロ化を感じていただける素地はある。一方で、私が懸念しているのはリーグの「器」です。

 女性の社会進出を促すという…

この記事は有料会員記事です。残り555文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【締め切り迫る!】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら