濃厚接触者の妊婦が受診できずに流産 保健所はPCR検査せず

新型コロナウイルス

佐々木洋輔
[PR]

 三重県四日市市内の20代妊婦が、新型コロナウイルスに感染した夫の濃厚接触者と認定されたが、PCR検査を受けていなかったため、産婦人科で受診できず、その後に流産していたことが3日、わかった。妊婦は自宅待機中に、保健所のPCR検査を受けられなかった。これを受け、三重県は妊婦などへのPCR検査の優先を徹底するよう、県内の全保健所に通知するという。

 県などによると、この妊婦は8月20日、同居する夫の感染がわかり、濃厚接触者と認定されて自宅待機を求められた。同24日に腹痛と出血で産婦人科を受診しようとしたが、濃厚接触者だったことを理由に診察してもらえなかったという。

 妊婦は翌25日、別の医療機関を受診し、PCR検査を受けた。直後、帰宅途中に破水して流産した。当時は妊娠15週目で、PCR検査の結果は陰性だった。

 四日市市保健所によると、同市では濃厚接触者のPCR検査について、「まずはかかりつけ医に相談してほしい」との方針で対応している。かかりつけ医への相談ができない場合、保健所のPCR検査に回るという。市保健所の担当者は「かかりつけ医のほうが早いため」と説明している。

 一方、三重県は県管轄の保健所に対して、妊婦や基礎疾患がある人などには優先してPCR検査をするように指示しているという。(佐々木洋輔)

新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]