「コロナ対策に専念すると、なぜ出ないことに?」霞が関から疑問の声

有料会員記事

[PR]

 菅義偉首相は、今月行われる自民党総裁選挙に立候補しないことを表明した。霞が関の中央省庁では、退任表明を冷静に受け止める声が目立った。

 「コロナ対策に専念することが、なぜ総裁選に出ない理由になるのかがわからない。首相を辞めてコロナ担当相にでもなるというのか」。経済官庁の幹部は、首相が総裁選への立候補断念を明かした際の発言に首をかしげる。「コロナ対策が思うようにいかず、緊急事態宣言を繰り返しているうちに体力も判断力もなくなり、同じことしか言えなくなってしまったのかな」

 経済産業省関係者は「政権の支持率が低迷する中で、党役員の交代をしようにも、なり手がおらず、(政権が)もたなかったのではないか。コロナ対策に全力を尽くすというが、投げ出さざるを得なかったのだろう」と推し量った。

 厚生労働省の幹部は「(自民党の)政調会長がころころ変わって政策を作り直すのは大変だ。よかったのではないか」と語り、自民党役員人事が実施されないことを歓迎した。同省の別の幹部は「コロナ対策や雇用問題など、誰が首相になっても取り組むべきことは変わらない。動揺せずにコロナ対策を進めなければ」と話した。総務省の中堅職員も「誰が次の首相になっても、世の中が求めているもの自体が変わるわけではない。与えられた仕事を着実にこなしていくしかない」と冷静に受け止めていた。

 一方、内閣府の幹部は「残念だ。経済対策についても、しばらく動けなくなるだろう。次の総理が決まってからになるのではないか」と、経済対策の遅れを心配した。

 菅政権が進めた経済政策の現在地をまとめた。

●デジタル対応…

この記事は有料会員記事です。残り472文字有料会員になると続きをお読みいただけます。