「ずれ否めない」首相不出馬表明、出身地の秋田でも批判 同情の声も

有料会員記事自民党総裁選2021自民2021衆院選

増田洋一、高橋杏璃、山谷勉、佐藤仁彦、井上怜
[PR]

 1年前、秋田県出身者で初の首相となった菅義偉氏の自民党総裁選への突然の不出馬表明に、県内でも驚きが広がった。新型コロナ感染対策に追われ、期待通りの成果を出せないままでの首相退任となる可能性が高い。ねぎらいとともに、コロナ対応などに厳しい声も聞かれた。

     ◇

 菅首相の自民党総裁選への不出馬表明をめぐり、秋田県の佐竹敬久知事は3日、定例会見で「菅総理は派閥を持たないため、正確な情報が入りにくく、国民意識とのずれが否めなかった」と述べた。「官僚が総理と一体になって難局を乗り切るという雰囲気が少し、なかった」とも語った。

 また、「次期衆院選で場合によっては政権交代というところまで負ける可能性があるということも総理の耳に入っていると思う。自分の身を引くことで支持を回復するという、政党人としての矜持(きょうじ)もあって、最終的にああいう決断をしたのではないか」と分析した。

 1年前の総裁選では「同郷のよしみということで菅総理誕生を願っている」と公言していたが、「仮に今回立ったとしても私自身は中立という状況だったんじゃないか」と話した。

 理由について「国会を開いて補正予算やさまざまな緊急的な対応措置を取るよう知事会が何回要望を出しても、国会が開かれない。総理のみならず自民党の国会議員全体が何も仕事をしてないんじゃないかと(国民に)とらえられて、アゲンスト(逆風)になったと思う」と説明した。

     ◇

もっと頑張って「秋田出身なら誰でも思う」

 自民党の県選出国会議員は驚きをもって受け止めた。県連会長である金田勝年衆院議員(秋田2区)は「突然のご判断で驚いているし、とても残念」と話した。首相としての功績について、「新型コロナという未曽有の難しい議題に立ち向かって頑張られた努力に敬意を表する」と評価しつつ、「それを乗り越えた後、秋田出身として秋田のためのさまざまな課題解決にもっと頑張ってほしかった」と語った。

 総裁選でどの候補を支持するかは、個人としても県連としても「まったく白紙」という。「地元出身の初めての総理がおやめになるときに、次の(総裁を選ぶための)基準があるわけはない。推移を見守りながら判断していくことになる」

 冨樫博之衆院議員(秋田1区)は、菅首相を携帯電話料金の値下げ、デジタル庁の創設など先を見ながら政策を進めてきたと評価したうえで、「県出身の総理ということで自民党として支えてきた。もっと頑張ってもらいたいという思いは、秋田出身の人だったら誰でも思うだろう」と述べた。そのうえで、「考えた末の決断だろう。残念だが粛々と受け止めるしかない」と述べた。

     ◇

幼なじみ「何もしなかったわけではない」

 菅首相の出身地秋田県湯沢市。生家近くでラーメン店を営む幼なじみの藤原寛文さん(75)は、「もっと地元から応援してほしかった。コロナ対策もオリンピックもあった。何もしなかったわけではない」と残念がった。「めげないで、よくやっている。やっぱり秋田県人だ」

 総裁選に立候補しないことは、「自分で考えたことだと思う。『ご苦労さん。よく頑張った』と声をかけたい」と思いやった。

 菅首相と小中高校を通じて同級生で元湯沢市議の由利昌司さん(72)は、報道より先に関係者の電話で今朝、不出馬の意向を知ったという。「いったん決めたらぶれない性格だと思うので、思いきって身を引くことになったのかなと思う。潔く、彼らしいと思った」

 「野党の批判は仕方ないにしても、自民党内で、選挙の顔にならないなどと、『菅離れ』が進んでいた」と悔しさをにじませた。「やりたいこともできないだろうし、無理して続けてほしくないという思いもあった」と思いを語った。

 そして首相としての取り組みを振り返り、「確かに情報発信不足かもしれないが、一生懸命頑張っておられたと思う。残念としか言いようがない」と語った。

 県出身初として昨年9月に首相に就任してわずか約1年で退く見通しになった。小中学校の同級生で、新型コロナの感染が広がるまでは毎年、市内のホテルで同窓会を企画していた菊地洋一さん(72)は、「新型コロナは総理1人の責任じゃない。運悪く、そういう時期に国のかじ取り役を担うことになり、大変な思いをしてきたことに、『ご苦労様でした』と伝えたい」。

 「菅政権の実績としては、規制緩和による携帯電話料金の値下げと、デジタル庁の発足ぐらい。思い入れのある政策にほとんど手をつけられなかったのではないか。菅政権はコロナに倒されたようなものだ」とも語った。

お国入り「実現させてあげたかった」

 菅氏はコロナの感染が広がるまでは、毎年帰郷し、同窓会にも出席していた。直近では官房長官時代の2年前、姿を現した。「もっと長く首相を続けてもらい、お国入りも実現させてあげたかった」

 菅首相が応援する候補を破り…

この記事は有料会員記事です。残り770文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
2021衆院選

2021衆院選

ニュースや連載、候補者の政策への考え方など選挙情報を多角的にお伝えします。[記事一覧へ]