五輪金の西矢椛も「心配」 人気急増、大阪のスケボー施設を拡充へ

編集委員・中島隆
[PR]

 大阪府松原市の澤井宏文市長は3日、東京五輪のスケートボード女子ストリートで金メダルをとった西矢椛(もみじ)さん(14)が拠点にしている「スポーツパークまつばら」の拡充に着手すると明らかにした。五輪を機にスケボー人気が高まり、安全性の懸念が出るほどに利用者が急増したという。

 西矢さんは松原市の中学生で、「スポーツパークまつばら」のスケートパークを練習場にしている。屋根はなく、広さは800平方メートルほど。一度に30人利用が限界で、上級者から初心者までが同時に滑っている。

 市によると、今年7~8月の2カ月の利用者は950人と前年に比べて約4割増えた。8月の長雨がなかったらもっと増えていただろうという。加えて、スケボースクールへの申し込みが相次ぎ、キャンセル待ちが出るほどに。西矢さんからも「安全面が心配という指摘があった」という。

 そこで、近くにある阪神高速の高架下にある約300平方メートルの敷地を、新たに上級者用の全天候型のスケートパークとして整備する。事業費は約3千万円。市議会での承認、阪神高速などとの協議を終えたうえで、事業を進める。

 松原市は「スケボーのまち」としてPR中。澤井市長は「滑りたいという全ての方が滑ることができるよう、今後も整備を進めていきます」と語った。(編集委員・中島隆)