東京パラ会場の売店に侵入した疑い 自称カメラマンを逮捕 御殿場署

和田翔太
[PR]

 東京パラリンピックの自転車ロードレース会場の売店に忍び込んだとして、静岡県警御殿場署は3日、スペイン国籍の自称カメラマン、ロペス・ボレロ・ネフタリ容疑者(47)を建造物侵入と窃盗未遂の疑いで緊急逮捕し、発表した。署はネフタリ容疑者の認否を明らかにしていない。

 署によると、ネフタリ容疑者は3日午前8時ごろ、静岡県小山町の富士スピードウェイ内の売店に侵入し、物品を盗もうとした疑いがある。物音に気づいた男性従業員が売店に行ったところ、ネフタリ容疑者が売店から走り去っていくのを発見したという。

 同会場では3日まで東京パラのロードレースが開催されており、ネフタリ容疑者はオリンピック放送機構のカードを持っていたという。(和田翔太)